美味しいズワイガニの選び方・見分け方

zuwai

うまいズワイガニの選び方・見分け方


美味しいズワイガニを見分けるのは簡単そうで、実は結構難しい

うちの親父も、昔は変なカニを仕入れた!と言って怒ってたことがありますので、プロでも結構難しいものだと思います



カニの美味しさは、脱皮してからどのくらい経ったかで決まる

カニにとって脱皮は成長に欠かせないものですが、脱皮をするとすんごく体力を消耗します。そりゃいままで着ていた殻を脱ぎ捨てるんですから、たいそうなもんです。

脱皮をした直後のカニは、身も痩せ、スカスカです。逆に脱皮してから時間が経ったカニは、身が詰まってるってことになります。







美味しいズワイガニを選ぶポイント1:腹が色づいてる

脱皮したてのズワイカニは、腹が白いんです。白い方が見栄えが良くて美味しそうに見えるかもしれませんが、実際には褐色がかってる腹のズワイガニの方が美味しい。






美味しいズワイガニを選ぶポイント2:殻が堅い!

脱皮したてのズワイガニは、殻が柔らかくなっています。殻が十分堅いカニは、脱皮してから時間が経ってる証拠なので、身入りもよく、美味しいです。ただし、店舗によっては、カニを触られるのをいやがるお店もあるので、注意が必要です。






美味しいズワイガニを選ぶポイント3:重い!

身が詰まってるカニは重い!ただ単純にそれだけ。これも店舗によってはカニを触られるのをいやがるお店もあります。






美味しいズワイガニを選ぶポイント4:爪が大きい!

爪が大きいカニは、成長しきったカニで、これ以上脱皮はしません。身が詰まってます。






美味しいズワイガニを選ぶポイント5:カニビルがいっぱい付いてる

カニの甲羅についてる黒いつぶつぶは「カニビル」と言うヒルの仲間。魚に寄生して、血を吸うのですが、カニには悪さはしません。カニビルはズワイガニを、移動手段に使ってるだけです。

このカニビルがたくさん付いているということは、脱皮してからの年月が長いということになります。なので、このカニビルがついている数は、ズワイガニの美味しさのバロメーターでもあります。ちなみにゆでると、とれちゃうことが多いです。






通販でズワイガニを選ぶなら?

通販でカニを選ぶ場合、触ることはおろか、見ることすら出来ません。そんな状態でおいしいズワイガニを選ぶことは物理的に無理なので、いい業者を選ぶしかありません。



流通量が多い業者は、間違いが少ない

小規模で、いいものを出しているお店も、世の中にはたくさんありますが、こと冷凍のカニに関してはスケールメリットが大きくなります。小さな、流通量が少ない業者の場合、冷凍して2年3年と時間がずいぶん経ったカニを、そのまま出しているところもあったり。


悪質な業者だと、古いカニを他の業者から安く買い叩き、販売しているところも

なのであまりにも安い値段で販売されているところは、注意が必要です。




とりあえず僕は試しに、かにまみれで4大カニセットというのを注文しました。大手だからさほど心配はしていませんが、どんなカニを食わせてくれるのか・・・ 今から楽しみです。(2014.11.6記)




2014.11.9追記

かにまみれの4大カニセットを食べました

 
  
 

サブコンテンツ