カニプリン

カニを食べ過ぎると痛風になる?

痛風は贅沢病だなんてよく言われます。特にカニは痛風になりやすい食品の筆頭候補として、古来より食べ過ぎ注意報が出されていました。

痛風の原因とされるのはプリン体です。尿酸値を下げるサプリがTVCMでも流されたり、プリン体フリーのビール(っぽいもの)が販売されたりで食事ケアが注目されていますが、一般的にはカニのプリン体は多く、糖尿病の方や痛風の方は、やめといたほうがいいと言われます。

 

でも本当にカニのプリン体は多いのか?

コレステロールの一件もあるので、どうもうそ臭い。あんなに美味しいカニさんに、プリン体が多いだなんて、なんとも理不尽だ!というわけで、カニのプリン体を調べてみました。

カニのプリン体含有量(100gあたり)
ズワイガニの身:65mg
ズワイガニのミソ:150mg
タラバガニ:100mg

ん?これって多いのか?それとも少ないのか? カニミソが多いみたいだけど、そんなにたくさん食べるわけでもないしね。ってなわけで、他の食材と比べてみると・・・

魚介類のプリン体含有量(100gあたり)
大正エビ:273mg
カツオ:211mg
真イワシ:210mg
クルマエビ:195mg
タラコ:120mg
あん肝酒蒸し:399mg

意外なことに、他の食材の方がプリン体が多い!特にカツオとか、エビとか、どっちかっていうと健康的っぽいのに・・・

魚介類以外でも比較すると

その他のプリン体含有量(100gあたり)
鶏肉レバー:312mg
納豆:113mg
鶏肉モモ:122mg
牛肉(ヒレ):98mg
豚肉(ロース):91mg

レバーはなんとなく高そうだけど、意外と鶏もも肉とか、納豆とかも高いのね。そう考えるとカニのプリン体なんて、特別高いとは言えません。

グラフにするとこんな感じ
pringraph

※ オレンジがカニ関係

カニのプリン体は総じて低い!

カニ関係で一番、プリン体が高いカニ味噌でさえ、イワシやカツオと比べても断然低い。ズワイガニの身に至っては、調べた食材の中では一番プリン体が少ないという結果に!(タラコと納豆が同じぐらいの値ってのはびっくり)

カニがプリン体が高いとか言われるようになったのは、きっとカニを食べた人をねたんだ人が、

「カニなんか食ったら痛風になるぞ!」

っていう嫌がらせで言ったことが広まったんだと思う。もしくはカニをねだる子供に、親があんまり食べさせないように言ったんじゃないかと。いや、絶対そうだ!今回、カニの栄養素を調べた結果、食べ過ぎると体に悪いどころか、むしろ健康的な食材であることが分かりました。気にせず食べても大丈夫みたいですね。