カニの足が何本か?という質問というか、検索履歴がやたら多い。気になってる人が多いんだろうな~ってことで、ここでカニの足の本数をバシッと決めたい。決めたいって言っても僕が決めるわけじゃなくて、もうすでに決まってるのでご心配なく。

すべてのカニの足は10本である

はい、これで決まりです。すべてのカニの足は10本です。カニだけではなく、エビやヤドカリ、ザリガニも足は10本です。なぜなら

エビ、カニ、ヤドカリなどはすべて十脚目という分類

十脚目ですよ、こりゃどう考えても逃れられません。十脚目で足8本じゃ、完全に仲間外れです。

タラバガニはどうなの?

タラバガニの足は何本?でも書きましたが、ヤドカリの仲間であるタラバガニの足はハサミ入れて8本です。

[char no=”1″ char=”タラバガニ”]ほれ見ろ!俺の足は8本じゃねーか![/char]

と思うかもしれませんが、まだ早い!この写真を御覧ください。

ほら、しっかり10本目の足が写ってるでしょ?

[char no=”1″ char=”タラバガニ”]え?わかんねーんだけど[/char]

え?写ってるじゃないですか。もう一度、よく見てくださいね。

この小さいのがタラバガニの10本目の足です(反対側に9本目の足があります)。

実はこの足は退化しちゃってこんなふうになってます。普段は甲羅に隠れてて見えないんですね。歩くのにはほとんど使われず、甲羅を掃除したりするのに使うらしいです。

エビは?

エビももちろん足は10本です。でも・・・

なんかいっぱい足があるような・・・

でも実はこの足、半分以上は足じゃないんです。下の図を御覧ください。

広辞苑より

この中で、本当の足は第1~第5歩脚だけです。誰が決めたかって、生物学の偉い先生が決めたんだから仕方ない。口の方についてる顎脚(がっきゃく)ってのは、口が進化したもので、まあ言ってみれば唇みたいなもの。腹肢ってのはまあ言ってみればヒレですね。泳ぐことにだけ使うぐらいで、歩くのに使いません。

というわけで、カニもエビもヤドカリも、十脚目の仲間の足は10本です。よろしくおねがいします。