都道府県の魅力度ランキングで2013年から目下6年連続最下位をばく進中で、むしろ魅力が無いことを魅力にしている感がある茨城県ですが、那珂湊港の魚市場に行くと考えが変わるかもしれません。

とにかく魚が安い!うまい!

そんなに大ぶりじゃないけど、天然の鯛が4匹で800円だったり、そこそこ大きなサバが3匹500円だったり、あさりが桶に一杯800円だったり、とにかく安い。そしてうまい。

そんな那珂湊港ですが、カニは売ってるかと言うと。。。

ズワイガニ一箱7500円

タラバガニは生とボイル、どちらも売ってます。冷凍ですけど。

なぜかチリ産のストーンクラブって言うカニが売られてます。

那珂湊港の市場ですが・・・
カニは売ってるけどそこそこ安い程度

でした。基本的には安いし、都内で買うよりは全然お得だけど、他の魚と比べてむちゃくちゃ安いってわけでもない。ただ他の市場よりお買い得感は無いかと言われればそうでもないけど、まあ普通な感じ。ネットで買う方がお得感はあります。味の保証もありますし。茨城県はカニが穫れるわけではないので、仕方ないですね。

ちなみにお昼は市場に併設してある市場寿司って言う回転寿司に行きました。

とにかくネタがでかい。ネタを切るためにハサミを貸し出してるぐらい。しかも安い。上の写真のシマアジは300円。都内ならネタは半分、値段は1.5倍かな。あら汁は150円。キンメダイのあらが入ってる。売り切れ必至なので早めに注文すべし。僕が注文した時点で残り2杯でした。

ちなみに「那珂湊港」と「那珂湊漁港」は微妙に場所が違う。今回紹介したのは「那珂湊港」です。「那珂湊漁港」にはおさかな市場っていう施設があるらしいのですが、なんとなく観光地っぽかったので今回はパスしました。