カニを手軽に美味しく食べられるボイルガニ。カニ通販ランキング2位のかにまみれで特に人気ですが、欠点は食べるときに冷たいこと。できれば温かいものを食べたい!ってことで今回はボイルガニを美味しく温める方法をお伝えしますね。

おすすめの温め方

◯:蒸す

ボイルガニを温めるには蒸すのが一番。蒸すならカニの温度が上がりすぎずゆっくり温めてくれるし、ドリップも流れずベスト。熱々のカニを堪能してください。

◯:焼く

ボイルガニを焼いて、焼きガニにするのもいいですね。カニの美味しさに香ばしい香りもプラスされます。ただ一度にたくさん温められないのは難点。少しずつ、お酒と一緒に楽しみたいですね。

これはやっちゃダメ!

☓:再び茹でる

やっちゃダメなの筆頭は再び茹でる。一度茹でたカニをもう一度茹でちゃうと、旨味が全部抜けちゃいます。

☓:レンジでチン

レンジでチンもアウト。レンジの場合は中から急激にあたたまるので、加熱しすぎてパサパサになったり、最悪爆発することもあり。

☓:鍋にする

これやっちゃう人も多いと思いますが、ボイルガニを鍋にしちゃうのはNGです。再び茹でる場合と同じで、旨味が全部抜けちゃって、カスカスのカニになっちゃう。ご経験ある人も多いと思いますが、僕も経験あり。鍋にするなら生のカニを!

解凍は?

ボイルガニを解凍するのは自然解凍がベスト。基本、流水でカニの周りの氷膜を取り、その後カニの甲羅を裏返して汁がもれないようにして自然解凍がおすすめです。もし急いで食べたい場合は冷凍のまま蒸しても可。