「京風」のおせちより「京都」のおせちがいい

だって「京風」ですよ?
もっと詳しく書くと「京」ですよ?

「風」って書かれるのは大体の場合、ニセモノなわけですよ。例えば・・・

すごく美味しそうなカニ身ですが、実はこれカニ風です。カニカマです。カニではありません(><)

「風」に騙されてはいけません。カニならカニ風じゃなくて本物のカニがいいですよね。

さて、ややこしいヘリクツはこのくらいにして、おせちの話に戻りましょう。

京風ってことは、京都以外の都道府県のお店が作ったり、監修したりしているってことなんでしょう。京都のお店がわざわざ「京風」って言うってことは、本物のカニをカニ風って言うようなものです。

もう一度書きますが、

京風のおせちより京都のおせちがいい

ということで、京都のおせちが買えるのが匠本舗。リンクをクリックしてもらえば分かると思いますが、食べログ3.6の祇園岩元はじめ、有名料亭が監修しているおせちが比較的リーズナブルな価格で購入できます。

京風のおせちだと、実はレシピ考えてるのは東京の業者だったりするけど、匠本舗のおせちの場合、本物の京都の料亭の板前さんが考えたおせちを購入できます。

一年の計は元旦にあり

といいますが、その年最初に食べるおせちは、ちゃんとしたものを食べたいですよね。

京都の料亭監修 匠本舗のおせち