僕はピラフが嫌いである

別に食べられないわけじゃないけど、積極的に食べようとは思わない。正直、美味しいピラフって今まで出会ったことがないし、美味しいと言われて食べたピラフも美味しかったためしがない。ピラフかチャーハンかって言われたら、100%チャーハンの勝ちだし、カニの釜飯 vs カニピラフ も言わずもがなである。今後、美味しいと勧められてもおそらく店でメニューにあっても自分からはまず注文しないだろう。

メヒコのカニピラフとウニピラフを除いては

メヒコ
http://www.mehico.com/
メキシコ(Mexico)って書いてメヒコと読む。メキシコの公用語、スペイン語でMexicoを読むとメヒコって発音になる。名前はメキシコだけどメキシコっぽい料理は皆無の不思議な店。

まじ美味しかったです、このカニピラフとウニピラフ。ちょっとカルチャーショックな感じ。

ピラフって見た目もあんまり惹かれないでしょ?でもこれ食べないと人生損する感じ。再度言うけどマジでうまい。

これがカニピラフ。カニがむき身なのと、殻付きのがあるけど、食べやすいむき身をチョイス。蟹の身がうまいのはもちろん、お米にしっかりカニの味が入ってて、これは本当にうまい。2合ぐらい食えそう。パプリカが安っぽい感じに見えるけど、このパプリカがかなりベストマッチ。

これはウニピラフ。こちらもお米にしっかりウニの味。ってかウニが混ざってるのかな?とにかくうまいです。

カニピラフとウニピラフ、これは甲乙つけがたい。ただ言えるのは、濃厚なウニピラフに対して、カニピラフは繊細な味わい。なのでたくさん食べるならカニピラフ。少量で楽しむならウニピラフ。両方食べるなら、順番としてはカニピラフ → ウニピラフがおすすめ。

ウニピラフは酒のアテにもいいでしょう。

ちなみに他の料理も食べました。

これも超絶品、ズワイガニのカルパッチョ。生のカニってうまいよね~

新鮮なカニの身!透き通ってるでしょ?

これはカニ味噌。

生牡蠣もあります。

今回お邪魔したのは、東京ビッグサイトの近くにあるワシントンホテル有明に入ってるメヒコ東京ベイ有明館。水槽がいくつかあって、かなりムーディーな感じでお料理が楽しめます。

あと、カニピラフと双璧をなす看板メニューのカニクリームコロッケがあるんだけど、それはまた別の記事で。
 

ズワイガニがオススメのカニ通販10選

魚屋の僕がなぜ、カニを他店の通販で買うのか?