buri

出世魚の代表格であるブリ。大きなものになると1m以上にもなり、縁起物として関西ではおせち料理、九州では嫁ぎ先からの贈り物などにも大活躍します。

ブリは美味い!

もちろんカニしゃぶもうまいけど、ブリのうまさも半端じゃない。

刺身、寿司、しゃぶしゃぶ、照り焼き、塩焼き、ぶり大根など、まさに煮ても焼いても美味い。素晴らしいお魚さんです。

出世魚の出生の仕方としては地方によって異なります

関東
モジャコ(稚魚)
ワカシ(35cm以下)
イナダ(35-60cm)
ワラサ(60-80cm)
ブリ(80cm以上)

北陸
コゾクラ、コズクラ、ツバイソ(35cm以下)
フクラギ(35-60cm)
ガンド、ガンドブリ(60-80cm)
ブリ(80cm以上)

関西
モジャコ(稚魚)
ワカナ(モジャコより少し大きい。兵庫県瀬戸内海側)
ツバス、ヤズ(40cm以下)
ハマチ(40-60cm)
メジロ(60-80cm)
ブリ(80cm以上)

南四国
モジャコ(稚魚)
ワカナゴ(35cm以下)
ハマチ(30-40cm)
メジロ(40-60cm)
オオイオ(60-70cm)
スズイナ(70-80cm)
ブリ(80cm以上)

とのことです。さらに養殖のブリは全部ハマチと呼ぶ場合もあります。

美味しいブリの見分け方

では、そろそろ本題に移りましょう。美味しいブリの見分け方です。

まるまる一匹買う場合
1.目が澄んでいて、丸く膨らんでいるものが新鮮です。
2.天然物は尾が鋭く尖っているものを選びましょう。
3.養殖物は尾が逆に丸いものを選びましょう。

切り身を買う場合
1.血合いが黒ずんでなく、赤みを帯びたもの。
2.身がピンク色で透明感があるもの。
3.身が白みがかってるのは古いです。

以上です。ご参考までに~~~
 

魚屋の僕がなぜ、カニを他店の通販で買うのか?