コッペガニ、セコガニ、セイコガニなど呼び名はいろいろですが、とにかくズワイガニのメスですね。小さいけれども外子と内子が美味しいカニです。最近は生きてるコッペガニも通販で売ってたりしますが、茹で方をご紹介しますね。美味しく茹でて美味しく食べよう!

コッペガニの茹で方
じゃじゃーん!これがコッペガニ(セコガニ)。数によって大きな鍋が必要になりますが、2kgで6匹なら、4リットルぐらいの鍋でOK。

コッペガニの茹で方
まずは生きてるカニの場合
生きてるカニはそのまま茹でると脚を自切するので、まずは真水につけてあの世に旅立ってもらいます。すでに死んでたら、この行程は省いてOKです。

コッペガニの茹で方
20~30分ぐらいつけとくと動かなくなります。

コッペガニの茹で方
殻の汚れをたわしで取っておきましょう。気にならなければ別にやらなくてもOK。

コッペガニの茹で方
鍋に新しい水を入れ、塩を入れ、沸騰したら腹を上にしてカニを投入!この時の塩加減はお好みで。標準は4リットルの水に大さじ4杯。塩が濃いほうがカニが美味しいけど、あまったゆで汁でお味噌汁を作りたいから、ウチでは塩は薄めに、塩の量を半分にしました。

コッペガニの茹で方
カニを入れて再沸騰したら、蓋をして12~15分ぐらい茹でる。このとき火加減は弱火で、吹き出さないように。大きなコッペガニの場合は、もう少し時間を伸ばして!

コッペガニの茹で方
はいゆであがり~~~~茹で上がりは熱くてさばけないので、しばらく自然冷却しましょう。30分ぐらい置いたらさばけます。ちなみに届いたときに甲羅がすでにこの色だったら、それはゆでガニなので、そのまま食べてください。さらに茹でると味が抜けて不味くなる。

コッペガニの茹で方
内子が美味しい~~~
というわけで、コッペガニの茹で方でした。食べる2時間前ぐらいから準備しはじめればOKだと思います!