美味しんぼの”黒い刺し身”のカワハギの肝は海のフォアグラ


※ 写真は春は築地で朝ごはんさんから

美味しんぼ第9巻の4話に収録されている「黒い刺し身」という話ですが、簡単に言うと幼いころに家族と離れ離れになった中国残留孤児が帰ってきて、親戚を探す話。彼はほとんど幼いころの記憶が無いけど、たった一つだけ覚えているのが、家族で「黒い刺し身を食べた」ということだけ。

黒っぽくて、とろりとして、こくのある魚

ということで、いろいろ探してカワハギの肝であることを突き止める。それがキッカケでお姉さんに再開し、ハッピーエンドって話です。

カワハギの肝は、冒頭の写真がそうなんだけど「黒く無いやん!!」って言うのはあの時、テレビにかじりついていた僕を含める当時の純朴な少年少女、そして大人たちも思ったことでしょう。ただ幼いころの記憶だし、色ってのは人によってずいぶん認識が異なるらしいので、まあそれは置いといて・・・

カワハギの肝、超うめーーー!

いや、マジで美味いです。刺し身を肝で食べる魚って結構あるけど、あのくらい大きな肝を持っている魚もマレなんじゃないかな。肝はそのままお刺身にして食べるか、醤油に肝を溶いて、肝醤油にして身をたべるかどっちかだけど、肝醤油にすると肝独特の濃厚な味わいが堪能できないばかりか、肝が脇役に追いやられるような気がするので、僕は肝をそのまま食べるのが好きです。

その旨さはあん肝と並び、海のフォアグラと称されますが、生で食べられるカワハギの勝ちだと、僕は思っています。

小学校5年生ぐらいのとき、近所に魚屋さんがあり、そこで泳いでる活けカワハギが2,500円で売ってた。それをよく、母親が買ってきて、刺し身にして食卓に並んでた。その当時、バブル絶頂期で母親にもお金があったんでしょうね。しかも食べ物にはあまりお金を惜しまない「ボロは着てても胃袋は錦」みたいな家庭だったので、それも影響してるんでしょう。父が魚屋なのに、なぜその魚屋で母が買い物していたのかは不明だが・・・

とにかく僕の中ではカワハギは、思い出の味でもありまして、特に肝は大好きなんですよね。


カワハギを発送直前に活き締めにしてお届け!【肝パン】本カワハギ
 
 

 

オススメのかに通販(一応ランキング)

このブログの運営者は誰??



2003年からインターネットで本田鮮魚店という魚屋を運営しています。魚屋なのに変なポリシーからカニを扱わないので、代わりに美味しいカニを販売しているところを紹介しています。詳しくは著者プロフィールで。

 

2 Responses to “美味しんぼの”黒い刺し身”のカワハギの肝は海のフォアグラ”

  1. つきじろう より:

    お邪魔します。
    粗末な写真でお恥ずかしいですが、お役に立てば
    幸いです(笑

    カワハギの肝、たしかにウマイですねぇ。
    記事で述べておられる通り、生でもOK!ってのが
    嬉しい。

    ほかにも生で味わえる肝って、どんなのがあるでしょうか。
    アワビの肝なんかは、じつは個人的には苦手ですが
    大喜びで生食するファンが多いですね。

    • hondakazuya より:

      掲載許可ありがとうございました!

      粗末な写真なんてとんでもないです
      写ってるものだけでも、とんでもないです(笑)

      カワハギ、美味いですね~
      アワビの肝も、僕は好きですよ

      あと肝を食べたことがあるのは、
      ヒラメ、カサゴ、サザエ・・・

      あれ?後は思いつかないなぁ・・・

      一般的にはまずいと言われるタコの肝なんかも、
      採れたてを食べると、とても美味いらしいですね
       
       
      またこれからもよろしくお願いします
      ありがとうございました

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ